FFTプログラミングでXMOS社のEDPでのマルチスレッドプログラミングを理解する

※本セミナーは受付が終了しました。

開催日 2011年04月14日(木) エリア 愛知県
価格 30,000

セミナー内容


セミナー概要
XMOS社EDPでの高速処理化を狙って、FFTライブラリのマルチスレッド・マルチコア化を実体験します。

形式検証を用いた安全なハードウェア並列処理システムの開発を体系的に学びます。

セミナー受講後に、評価ボードXC-1Aをお渡ししていますので、すぐにプログラミングを始めることが出来ます。
セミナー内容
弊社で、実際にFFTライブラリのマルチスレッド・マルチコア化を行ったときに発生した問題と解決手段を追体験して頂く事で、XMOS社EDPはじめハードウェア並列処理システム開発での注意点を習得いたします。

形式検証と実機動作の対比をしていただくことで、ハードウェア並列処理システムの動作をより具体的にイメージして頂くことが出来ます。

こんな人におすすめ
ハードウェア並列処理システム開発をイメージされている方

C/C++によるソフトウェア並列処理開発経験をお持ちですとより良いです
オシロスコープ・ロジックアナライザ等で波形観測の経験をお持ちですとより良いです
日程 2011年04月14日(木)   13時30分 ~ 16時00分
受付開始 13時10分
定員 20 名
申込期限 2011年03月25日
会場 第三堀内ビル
≪住所≫名古屋市中村区名駅4-6-23
≪アクセス≫JR名古屋駅 徒歩5分   MAPを見る
持参物
主催・共催 ファルクウェア株式会社
当日の連絡先 052-589-7000
備考

お申し込みプラン

一般 30,000 

講師紹介

辻 正樹

組込みシステム開発に20年携わる中で、
並列処理とハードウェア・ソフトウェア融合とを活用した
新しいモノづくりを提案しており
『愛知・名古屋JOINTビジネスプラン発表会2010』
にて新ビジネスを発表し好評を得られ、製品化を進めている。

この新ビジネスのキーソリューションとなる XMOS社のXcore の
ソフトウェア含めたIP提供に特化して、
通信・リアルタイム制御・画像/音声圧縮を応用した製品開発を
手がけている。

お申し込み

FFTプログラミングでXMOS社のEDPでのマルチスレッドプログラミングを理解する

申込形態
申込人数
会社名*
予備欄

ご記入の上、申込みボタンをクリックしてください。


本セミナーは受付が終了しました