【勃興する中国のデジタル経済】
中国のAI大国へのロードマップ2030

※本セミナーは受付が終了しました。

開催日 2018年06月15日(金) エリア 東京都
価格 32,400

セミナー内容


セミナー概要
中国では人工知能(AI)に関する議論が急増しており、中国が「イノベーション国家」を実現するための一つの取り組みとして、AIを積極的に推し進めようとしている。昨年の夏に中国政府がAIの発展を促進する「次世代AI発展計画」を打ち出し、2030年までにAI技術の向上や関連産業の規模拡大などの目標を掲げた。一方、2017年に中国のAIベンチャーへの投資額が初めて米国を抜いて世界トップになった。AI関連領域への投資、研究・開発が盛んに行われ、AIのビジネス化が図られている。政策促進をはじめ、人材、資金、開発など様々な側面から米国を追いかけようとしている。
当セミナーでは、政府や、大手企業、ベンチャー企業など重要なプレーヤーの動向を中心に説明し、AI大国を目指す中国の全体像とロードマップを明らかにする。
セミナー内容
1.中国におけるAIの議論
2.AIブームの真実-AIエコシステムの育成と拡充
 (中央・地方の促進政策レビュー、AIタウンの建設(杭州)、人材、資金、AIの応用分野)
3.主要ICT企業(バイドゥ、アリババ、テンセントなど)のAIへの取り組み
4.AIベンチャー・ユニコーン企業(科大訊飛、商湯科技、昿視科技など)の動向
5.AI大国の可能性と課題 
6.質疑応答/名刺交換


日程 2018年06月15日(金)   13時00分 ~ 15時00分
受付開始 12時30分
定員 60 名
申込期限 2018年06月13日
会場 SSK セミナールーム
≪住所≫港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
≪アクセス≫●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●東京メトロ虎ノ門駅より徒歩7分[1番出口](銀座線)●東京メトロ霞ヶ関駅より徒歩11分[C3出口](千代田線、日比谷線、丸の内線)●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)●タクシー 東京駅から約20分●バス 「西新橋2丁目」または「虎ノ門1」   MAPを見る
持参物
主催・共催 (株)新社会システム総合研究所
当日の連絡先 03-5532-8850
備考

お申し込みプラン

一般 32,400 

講師紹介

株式会社富士通総研 経済研究所 上級研究員 趙 偉琳(ちょう いーりん) 氏

中国遼寧省出身、2002年に来日。2008年東京工業大学大学院社会理工学研究科修士博士一貫コース修了、博士(学術)。早稲田大学ビジネススクール助手などを経て2012年から現職。現在は中国経済・社会の持続的発展の可能性、中国のニューエコノミー、産業集積とイノベーション、デジタルイノベーション、ソーシャルイノベーションなどに関する研究を行っている。論文・執筆・講演多数。日刊工業新聞電子版「中国イノベーション事情」にて連載執筆(2017年)。現在、SankeiBiz「高論卓説」に定期的に寄稿。


お申し込み

中国のAI大国へのロードマップ2030

申込形態
申込人数
予備欄

ご記入の上、申込みボタンをクリックしてください。


本セミナーは受付が終了しました