歴史から学ぶ、大転換機の戦略 第五巻 「大東亜戦争とモラル〜常識を超え 学識を超えておこれり 日本世界と戦ふ〜」

価格 10,500
販売元 株式会社S・Yワークス

商品内容

経済恐慌期を乗り切るための戦略を、歴史から学ぶ必聴のCDシリーズです。日本人のメンタリティや文化の根源をお伝えします。 大東亜戦争について語られる時、よく『日本はアメリカの物量に負けた』と言われます。確かに終戦間際になると、日本はアメリカの圧倒的物量に席巻されますが、開戦当時の海上の戦力や、戦闘機の性能を比較する限り、日本の方が戦力的には充実していました。ではなぜ、日本はこの戦争に一方的敗北を喫するのでしょうか。
それについて、司馬遼太郎さんはこんな言葉を残しています。『昭和16年12月8日、日本の陸軍省の電気は、午後8時には消えた。しかしアメリカのペンタゴンの明かりは、昭和20年8月、日本が敗戦を迎えるまで消えたことがなかった。』
このことを知った時、日本はこの戦争に『物量に負けたのではなく、モラルに負けた』のだと深く悟ることができました。これはある意味、日本人の特性のようなものかもしれません。

第五巻より 100年続く企業を目指す経営者の方必聴のCDです。
正しい経営観を、歴史を通した視点から語ります。

お申し込みプラン

一般 10,500 

お申し込み

購入形態
購入数
予備欄

ご記入の上、申込みボタンをクリックしてください。

規約に同意して申し込む

ページを報告