NO12279 2014年10月頃施行~ 論点整理と法案成立までの過程、今後の課題を明らかにする ~
成立した再生医療新法&改正薬事法の施行までに取組むべき諸課題と学会、医療現場、企業の対応

※本セミナーは受付が終了しました。

開催日 2014年01月30日(木) エリア 東京都
価格 31,900

セミナー内容


セミナー概要
2007年 内閣府の規制改革議論で「再生医療の勃興を目指した規制改革」論議が本格化した。講師は規制改革の医療専門委員として、アカデミヤや行政当局、更には関連業界との協議を重ね、再生・細胞医療に相応しい法体系の改革が必要との共通認識を得ることができた。
 その後、更なる議論を重ね、2013年10月20日に薬事法の一部改訂と再生医療新法が成立した。6年の歳月をかけた議論であったが、期待以上のスピード感と行政当局の気概とで成立したと理解している。
 講義では、議論の論点を整理し、法案成立までの過程を振り返ると共に、この法案に込められた関係各者の想いを論説し、今後の課題を明らかにする。
セミナー内容
1. 再生医療を巡る規制改革議論を振り返る
2. 再生医療分野の制度的枠組み議論を整理する
3. 再生医療の安全性確保議論加熱の背景
4. 再生医療新法と薬事法一部改正の意義…
5. 再生医療におけるリスク分類の考え方と臨床研究と自由診療の位置づけ
6. 2014年10月(想定)の法施行までの準備は(学会、医療現場、企業)
7. 今後の課題を考える
   (条件付き承認の考え方、国際的ハーモナイゼーション、国家戦略特区との関係等々)
8. 関 連 質 疑 応 答
9. 名 刺 交 換 会
   講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。


日程 2014年01月30日(木)   18時00分 ~ 20時00分
受付開始 17時30分
定員 50 名
申込期限 2014年01月27日
会場 JPIカンファレンススクエアⅡ
≪住所≫港区南麻布5丁目2番地32号興和広尾ビル
≪アクセス≫日比谷線広尾駅3番出口より徒歩4分   MAPを見る
持参物
主催・共催 株式会社日本計画研究所
当日の連絡先 03-5793-9761
備考 ①お客様のご都合で取り消される場合は必ず3営業日前までにFAX又はEメールにてご連絡ください。その後の取り消しは、お受け致しかねます。 ②万一、出席できない場合は、1)ご本人の代理の方の出席、または、2)当日配布の資料発送をもって、ご出席に代えさせていただき、受講料を申し受けさせて頂きますので、ご了承ください。

お申し込みプラン

1名:資料代、消費税込み 31,900 
2名:社内又は関連会社で同時お申込の場合 58,800 

講師紹介

厚生労働省 再生医療等安全性確保法の政令制定に関わる研究班 再生医療等提供基準WG委員 経済産業省 再生医療等基準検討委員会 委員 医療法人社団 滉志会(瀬田クリニックG) 代表 阿曽沼 元博 氏

<略歴>
【2004年】 順天堂大学 客員教授 就任(現任)
【2011年】 医療法人社団 滉志会(瀬田クリニックG)
       代表 就任(現任)
【2012年】 公益財団法人 佐々木研究所(杏雲堂病院)
       評議員 就任(現任)
<公的活動等>
【2013年】 厚生労働省 再生医療等安全性確保法の政令制定に
       関わる研究班 再生医療等提供基準WG委員(現任)
【 同年 】 厚生労働省 革新的医薬品・医療機器・再生医療製品
       実用化促進事業 「がん免疫療法ガイドラインWG 委員
       (現任)
【 同年 】 経済産業省 再生医療等基準検討委員会 委員 就任
       (現任)
<所属学会等>
日本再生医療学会
日本免疫治療学研究会
日本粒子線治療臨床研究会
日本放射線腫瘍学会
日本医療情報学会
日本医療・病院管理学会  等


お申し込み

成立した再生医療新法&改正薬事法の施行までに取組むべき諸課題と学会、医療現場、企業の対応

申込形態
申込人数
予備欄

ご記入の上、申込みボタンをクリックしてください。


本セミナーは受付が終了しました