ロバート・キヨサキ来日決定!今なら割引中

大きな岐路となる2012年

2011年、日本にとって、非常に厳しい一年でした。
3.11の東日本大震災だけでなく、増税、政治の混迷、年金問題、
長期に渡る不による企業の倒産、給料ダウン、雇用不安、退職金減額、
その不安要素が数字となって現れたのが、

2012年1月の国家の経常収支、
  実に、4,734億円の赤字。

この数字、統計上比較が出来る昭和60年から調べても、
過去最大の赤字
とのことです。
そして、単月の赤字は、あのリーマンショック以来

あなた個人の力が求められる時代

この悲劇と困難を乗り越え、日本が豊かな未来を
歩み始めるにはどうするべきなのか。

この日本を、かつての経済大国と言われた国にするためにも
まず、必要なことは「現状を変える」ことです。

事実、「正しい」と信じられてきたことが、
通用しなくなってきているのです。

その代表的な例が、
「勉強して、良い大学に入ることができれば、大企業に
入ることができて、将来が約束されたのも同然。」

かつては、大手企業といわれる企業に入ることできれば、
定年までだけでなく、その後の人生を何不自由なく過ごすことが
できました。

しかし、時代は変わりました。

大手企業でさえ、いつ倒産してもおかしくないほどの
経済状況へと激変したのです。

電機メーカーの最大手NECが大規模なリストラを発表しました。
日航(JAL)の破たん時にも言われましたが、もはや大手企業にいれば
安心というのは幻想でしかありません。

更に、大手企業はたくさんの取引先があります。
つまり、取引先である中小零細企業にも、その業績不振の影響はもろにかかります。

事実、日航が破たんの危機に瀕した時、

日航グループ各社が直接取引している国内主要取引企業の数が2910社にのぼるとの調査結果をまとめた。さらに、これらの企業を通じて間接的に日常取引している企業数は、判明分だけで延べ1万424社に達することも分かった。取引先には中小企業も多く、日航の破綻(はたん)が全国規模で企業経営に大きな影響を及ぼす可能性が浮き彫りになった。(商工リサーチ調べ)

というニュースが出ました。

大企業の倒産は、中小企業に勤めるビジネスパーソンにとっても
対岸の火事ではありません。明日いきなり「給料払えなくなった。」と言われても
大丈夫なビジネスパーソンになるためにも「個の力」が、必要になるのです。

そのためにも、自ら動き出さないといけないのです。

未曾有の困難の中で、生き残る方法

こんな時代だからこそ、個人として、お金を生み出し
生き残っていく力が必要になるのです。
個人が強くなることによって、
結果として会社、組織を強くすることができます。

そのために持つべき力として言われてきたのが、新規顧客を生み出す
「マーケティング力」、どんな商品でも、どんな状況であっても、
お客さまに「買いたい!」と思わせる「営業力」。

この「マーケティング」であっても、「営業」であっても、
根底にあるのは、個人の知識であり、知恵です。

だからこそ、個人が「ファイナンシャルリテラシー」を高め、
富の築き方だけでなく、富の守り方を知ることが大切なのです。

これは、決してお金(資産)を使わないということではありません。

現代の教育では、お金に関する教育を受ける機会は皆無です。
むしろ、お金について学ぶことはよくないことだというイメージさえあります。

「知識は力」です。ファイナンシャルリテラシーを高めることは、
人生に大きな影響を与えうることです。

しかし、そのためには、正しい知識が必要となります。
ただ、闇雲に行動していても、経済的自由を得ることは
難しいのです。

今回のイベントの焦点は、これから10年の「ビジネス」と「投資」について。

企業に頼った資産形成の時代は終わりました。
【新しい時代の資産の作り方】を、ぜひ学びにお越しください。

申込

日本の現状を打破するために

この現状を打破するためにも、日本人に必要な
「ファイナンシャル教育」の先駆者をお呼びすることになりました。

その男こそ、「金持ち父さん 貧乏父さん」という書籍を国内では
2000年に発売。シリーズ本は累計300万部、世界で累計2,800万部の
セールスを記録した、世界的にも有名な、「お金とビジネスの教科書」の著者

ロバート・キヨサキ氏です。

キヨサキ氏_プロフィール

全米No.1金融投資家

「金持ち父さん」やロバート・キヨサキと聞いて、
一昔前の人だと思っていませんか?

キヨサキ氏は、2011年に、米国大手金融情報サイト【Go Banking Rates】において、
ウォーレン・バフェットなどの金融のエキスパートたちの中から、
アメリカで最も人気のある金融専門家として選出されました。

今でも、アメリカ国内では精力的な活動を続けています。

誰よりも今影響力があり、「ファイナンシャル教育」の
大切さを世界中で物語っているのもキヨサキ氏本人です。

これから10年の「ビジネス」「投資」について

この変化の激しい時代に、今後の人生のためにと、
投資信託や株式市場の変動に全財産を預けてしまうというのは、
とても危険な状態なのです。

多くの人が、引退後の生活を株式市場に賭けている状況は、
世界史上、未だかつてない事です。

時代は変わったのです。

この日本の状況下を見た、キヨサキ氏は
イチかバチかの起業、投資ではなく、
「ファイナンシャルリテラシーを高め、
【新しい時代の資産の作り方】を知ることによって、
豊かな未来が切り開かれる。」と言っています。

金融機関の金利も激減し、法人税は上がる一方、更には所得の減少・・・
状況は変化する一方で、変わらないのがあなたの資産の増やし方。

資産を増やすことばかりに目が言ってしまい、給与は上がり、
所得が増えているはずなのに、結果的に手元に残った資産は、
減っているという社会の矛盾。

現在、アメリカで最も影響力のある男、
ロバート・キヨサキ氏が来日し、これからの
時代の富の築き方をお話しします。

今回のセミナーでは、

◆今、アメリカで最も注目されている「ファイナンシャルリテラシー」の高め方
◆ファイナンシャル教育が重要なわけは?
◆ビジネスと投資を始める時に気をつけるべき事とは何か筋道が見える。
◆なぜ投資は危険ではないのか?
◆自分の人生とお金をコントロールするには?
◆これから10年の「ビジネス」と「投資」による資産の守り方
◆「ビジネス」、「投資」を成功させる新しい時代の「お金の哲学」

これらすべてを学び、あなた自身の資産として
お持ち帰り頂きます。

さらに・・・

特別ゲスト公開

2日間にわたって開催される今回のイベント。
実は、今回登壇するのは、ロバート・キヨサキ氏や
彼のアドバイザー達だけではありません。

特別ゲストとして登壇が決まったのが、
一人目がジェームス・スキナー氏です。

スキナー氏_プロフィール

さらには、
成約率95%の圧倒的営業力で日本トップになった和田裕美氏。

和田氏_プロフィール


資産設計アドバイザーとして名高い内藤忍氏。

内藤氏_プロフィール

アジア最大のセミナー主催会社の代表であるリチャード・タン氏。

タン氏_プロフィール

そして、 香港でのビジネス成功と挫折を経験したインターナショナルモチベーター池松耕次氏。

池松氏_プロフィール

他の講師も登壇が決まり次第、こちらのページにて
ご案内させて頂きますので、是非とも楽しみにお待ち頂ければと思います。

席種は2種類

今回は、VIP席、プレミアム席、一般席の3種類の席をご用意しております。

VIP席、プレミアム席にお申込み頂いた方には、
豪華特典をプレゼントさせて頂きます。

詳細は、下記でご確認下さいませ。

全てあなたの選択で決まる

ロバート・キヨサキ氏はこのように言っています。

「お金を手にするたびにあなたは、自分が金持ちになるか、
貧乏になるか、中流階級になるかを選ぶ力を持っているのだ。」

5月19日、20日を境に、あなたが経済的自由の道を
歩み始めるかも、あなたの選択にかかっています。

あなたを経済的自由にしてくれる
本当の資産を手にするためにも、ぜひ会場へお越しください。

VIP

特典1

特典1

特典2

特典3

特典4

特典5

特典5

特典5

特典5

VIP価格

申込ステップ1

本イベントにお申し込みいただいた皆さまには、
企画会社ラーニングエッジ社および協賛企業各社よりご案内を
お送りさせて頂く場合がございます。

申込ステップ2:下記ボタンをクリックして下さい

申込

プラチナ

プラチナ特典

プラチナ割引価格

申込ステップ1

本イベントにお申し込みいただいた皆さまには、
企画会社ラーニングエッジ社および協賛企業各社よりご案内を
お送りさせて頂く場合がございます。

申込ステップ2:下記ボタンをクリックして下さい

申込

一般

一般割引価格

申込ステップ1

本イベントにお申し込みいただいた皆さまには、
企画会社ラーニングエッジ社および協賛企業各社よりご案内を
お送りさせて頂く場合がございます。

申込ステップ2:下記ボタンをクリックして下さい

申込

セミナー詳細

Sponsors 協賛企業

特別協賛
日本財託グループUHG
協賛
フジフューチャーズ株式会社Team James ®
特別後援
ALPHA INVESTMENT
協力
きらめき不動産

プライバシーポリシー | 利用規約 | 特定商取引に基づく表記 | 企画会社