~マイクログリッド元年となる2020年と激動の次の30年~
急激に進む米国エネルギー革命2050

※本セミナーは受付が終了しました。

開催日 2019年06月03日(月) エリア 東京都
価格 41,000

セミナー内容


セミナー概要
1.米国におけるエネルギー問題の根本はどこにあるのだろうか
2.米国における再生可能エネルギー発電の動向
3.グリッドエッジとDERMS
4.エネルギー貯蔵装置
5.分散電源と家庭内や商業施設内のエネルギーマネージメント
6.ブロックチェーンとエネルギー
7.2020年は、マイクログリッド元年に
8.キャップアンドトレードと鉱工業部門でのGHGガス削減目標
9.最後に、日本が米国から学ぶべきこと
10.質疑応答・名刺交換
セミナー内容
1.米国におけるエネルギー問題の根本はどこにあるのだろうか
 (1)エネルギーと安全保障(連邦政府と州政府の関係は日本からは見えにくい)
 (2)州ごとに異なるエネルギーミックス
 (3)一次エネルギーと二次エネルギー
2.米国における再生可能エネルギー発電の動向
 (1)再エネ化(まずは発電セクター)は果たして進むのか?安全保障は?
 (2)カリフォルニア州の例
 (3)ハワイの例
 (4)「分散型再エネ発電」と「集中型再エネ発電」はDifferent Animal(違う動物)
 (5)再エネの『SAKAGUCHI MODEL』で考える
3.グリッドエッジとDERMS
 (1)どうして、米国ではグリッドエッジが注目されるのか?
 (2)DoE(エネルギー省)が音頭取り
 (3)ハワイでの実証実験(SEAMS:System to Edge-of-Network Architecture and Management for SHINES)
 (4)グリッドエッジは安全装置
 (5)電力会社が採用を始めたDERMS(Distributed Energy Resource Management System)
4.エネルギー貯蔵装置
 (1)エネルギー貯蔵装置の位置付け
 (2)エネルギー貯蔵のコスト
 (3)ハワイで採用が決まった「ソーラー+エネルギー貯蔵装置」の驚きのPPA契約価格
5.分散電源と家庭内や商業施設内のエネルギーマネージメント
 (1)エネルギーマネージメントの重要性は過小評価されている
 (2)家庭や商業施設で消費されるエネルギー
 (3)コネクテッドデバイスとスマートサーモスタットとAIスピーカー
 (4)家庭内の陣取り合戦(Google,Apple,Amazon,etc)
 (5)家庭内エネルギー消費の半分以上は熱だが、熱をどう作ってかつ管理するか
6.ブロックチェーンとエネルギー
7.2020年は、マイクログリッド元年に
8.キャップアンドトレードと鉱工業部門でのGHGガス削減目標
9.最後に、日本が米国から学ぶべきこと
10.質疑応答・名刺交換


日程 2019年06月03日(月)   13時00分 ~ 17時00分
受付開始 12時30分
定員 60 名
申込期限 2019年06月01日
会場 SSK セミナールーム
≪住所≫港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
≪アクセス≫●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●東京メトロ虎ノ門駅より徒歩7分[1番出口](銀座線)●東京メトロ霞ヶ関駅より徒歩11分[C3出口](千代田線、日比谷線、丸の内線)●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)●タクシー 東京駅から約20分●バス 「西新橋2丁目」または「虎ノ門1」   MAPを見る
持参物
主催・共催 (株)新社会システム総合研究所
当日の連絡先 03-5532-8850
備考

お申し込みプラン

1名につき(税込) 41,000 

講師紹介

クリーンエネルギー研究所 代表 阪口 幸雄(さかぐち ゆきお) 氏

シリコンバレー在住の著名コンサルタント。米国のクリーンエネルギーと、日本のビジネスへの影響にフォーカスしたコンサルタント会社の代表をつとめる。シリコンバレーを中心に、エネルギー問題の定点観測を長期間行い、今後の動向と日本企業の対応についてのきわめて明解なビジョンを持つ。
専門分野は、ブロックチェーン、エネルギー貯蔵、発送電分離、デマンドレスポンス、分散電源管理、太陽光発電、等。日本の大手エネルギー企業、日本政府機関、大学等のアドバイザーを多数務める。
日立(日本と米国)にて17年間最先端の半導体の開発に携わった後、そのビジネス経験や物性の知識を活用すべくエネルギー分野に。シリコンバレーに20年以上在住。最近はカリフォルニア・ハワイ・日本の3拠点生活を送る。
「日経エネルギーNext」に「シリコンバレー発、電力Biz」を連載中


お申し込み

急激に進む米国エネルギー革命2050

申込形態
申込人数
予備欄

ご記入の上、申込みボタンをクリックしてください。


本セミナーは受付が終了しました