【急加速するEV用電池の進化】 ~実用化へのロードマップ~
全固体電池開発の現状と将来展望

※本セミナーは受付が終了しました。

開催日 2019年05月16日(木) エリア 東京都
価格 33,700

セミナー内容


セミナー概要
リチウムイオン電池の全固体化は、有機溶媒電解質に起因する様々な問題を解決するものとして期待されており、近年は特に自動車の電動化を促進するものと期待されている。講演では、固体電解質、全固体電池の歴史から、リチウムイオン電池の全固体化に向けて開発された固体電解質、それらを使用した際に界面で生じる課題ならび解決に向けた取り組みについて解説し、全固体電池開発の現状の把握に努めるとともに将来展望についても紹介する。
セミナー内容
1.全固体電池開発の歴史
2.リチウムイオン電池の全固体化
3.硫化物固体電解質系全固体電池の開発現状
4.酸化物固体電解質系全固体電池への展望
5.質疑応答/名刺交換


日程 2019年05月16日(木)   14時00分 ~ 17時00分
受付開始 13時30分
定員 60 名
申込期限 2019年05月14日
会場 SSK セミナールーム
≪住所≫港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
≪アクセス≫●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●東京メトロ虎ノ門駅より徒歩7分[1番出口](銀座線)●東京メトロ霞ヶ関駅より徒歩11分[C3出口](千代田線、日比谷線、丸の内線)●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)●タクシー 東京駅から約20分●バス 「西新橋2丁目」または「虎ノ門1」   MAPを見る
持参物
主催・共催 (株)新社会システム総合研究所
当日の連絡先 03-5532-8850
備考

お申し込みプラン

1名につき(税込) 33,700 

講師紹介

国立研究開発法人物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 拠点長 ナノ材料科学環境拠点 全固体電池特別推進チーム チームリーダー 高田 和典(たかだ かずのり) 氏

1986年 大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士前期課程修了
1986年 松下電器産業中央研究所
1991年 大阪市立大学より博士(工学)
1999年 無機材質研究所 特別研究員
2002年 物質・材料研究機構 主幹研究員
2018年より現職


お申し込み

全固体電池開発の現状と将来展望

申込形態
申込人数
予備欄

ご記入の上、申込みボタンをクリックしてください。


本セミナーは受付が終了しました